こんにちは、院長の酒井です。

8月無事に東京オリンピックが終わり、今度はパラリンピックが始まりました。

いつもでしたら時差などで見ることは少なかったと思いますが、

今回は時間帯も良く大会を目にすることが多くあります。

日本の選手の皆さんがそれぞれ障害を持ちながら世界を相手に頑張っている姿を

みると大変感動しますね。

9月5日で終わってしまいますが最後まで応援したいと思います。

 

ところで話は変わりますが、接骨院では病名に『〇〇捻挫』と病名をつける

場合が多いですが捻挫と聞くとどうしても足首の捻挫を思い浮かべてしまう

のではないでしょうか?

捻挫とは正常な関節の動き以上に捻(ひね)られ痛みを出すケガのことを言いますが、

体のどの関節でも捻挫は起こりえます。特に最近は元々関節が硬い方が多く少しの

捻りがあっても簡単に捻挫を起こしてしまいます。

 

また少しずつ捻られ突然関節が痛くなる捻挫もあります。しかし病院でレントゲンを

撮っても異常は見つからず、長期間放置してしまい症状をこじらせてしまい痛みが

残る場合があります。

 

接骨院では患者さんを一人一人しっかり問診して体を触診しながら確認致しますので

様々な捻挫に早期に対応可能ですから、体の痛みやケガに関しては何でもご相談下さい。

 

【9月20(月)・23(木)の祝日は、通常通り診療を行います】

 

 

有限会社たかみち